5.6.2 経営者の責任 内部コミュニケーション

  

5.6.2 経営者の責任 内部コミュニケーション

5.6.2 経営者の責任 内部コミュニケーション

このページでは、5.6.2 経営者の責任 内部コミュニケーションとはどういうものか、初心者にも優しくお伝えしています。


トトロ

内部コミュニケーション

ISO22000

組織は、食品安全問題を要員に周知するために手続き・実施・維持すること。

組織は、食品安全マネジメントシステムの有効性維持のために、次の変更があれば、即座にチームに伝達すること。


  • 製品・新製品
  • 原料・材料・サービス
  • 生産システム・装置
  • 製造施設・装置の配置・周囲環境
  • 清掃・洗浄・殺菌の各プログラム
  • 包装・保管・配送の各システム
  • 要員資格レベル・権限の割り当て
  • 法令・規制要求事項
  • ハザード・管理手段に関する知識。
  • 組織が順守する顧客・業界・その他の要求事項
  • 外部利害関係者からの引き合い
  • 製品関連ハザードを示す苦情
  • 食品安全に影響するその他条件
  • チームは以上の更新情報を、システム更新(8.5.2参照)にてインプットすること。
  • トップは以上の更新情報を、マネジメントレビュー(5.8.2参照)にてインプットすること。