5.6 経営者の責任 外部コミュニケーション

  

5.6 経営者の責任 外部コミュニケーション

5.6 経営者の責任 外部コミュニケーション

このページでは、5.6 経営者の責任 外部コミュニケーションとはどういうものか、初心者にも優しくお伝えしています。


トトロ

外部コミュニケーション

ISO22000

食品安全問題の情報がフードチェーン全体で利用可能にするため、組織は次の関係者とのコミュニケーションを確立・実施・維持すること。


  • 供給者・契約者。
  • 製品情報(要求事項・適宜・シェルフライフなどの説明)・引き合い・変更・契約・苦情に関する顧客・消費者。
  • 法令・規制当局。
  • 食品安全マネジメントシステムの有効性・更新に影響される外部組織。
  • 以上のコミュニケーションが、フードチェーン全体に食品安全情報を提供すること。
  • 特に、フードチェーン内の他組織が要管理するハザードに当てはまる。
  • コミュニケーション記録を維持すること。
  • 法令・顧客要求事項は利用可能にしておくこと。
  • 権限者は食品安全情報を外部に伝達するため、明確な責任をもつこと。
  • 外部コミュニケーションでの取得情報は、システム更新(8.5.2参照)・マネジメントレビュー(5.8.2参照)へインプットすること。